便利屋 株式会社CGS愛知・岡崎で便利屋をお探しなら、まずはCGSへご相談ください!

事例の紹介WORKS

岡崎市|危険なスプレー缶やカセットガスボンベの回収や処分は株式会社CGSにお任せ

 中身の入ったスプレー缶やカセットガスボンベが、使わないまま台所や納戸、物置のすみでそのままになっていませんか?

 

どのように処理したり処分したらよいかお悩みではないでしょうか?

 

大変便利で私達の生活に欠かせないスプレーやカセットガスボンベは、どのように一般廃棄物として処理するか、自治体でも、指針が様々です。

 

一般的には、『使い切る』そして、『家庭ごみの不燃物として出す』です。

 

ところが、中身の入ったまま処理したいご家庭が非常に多くあります。

 

そのため、少しならと、可燃物に混ぜて出してしまったり、危険を省みず穴あけをしてしまったり、危険な行動をとることになります。

 

2018年12月16日午後8時半頃、北海道の札幌市で起きた大爆発事故は、大量の除菌消臭スプレーを気密性の高い室内での穴あけ作業をし、可燃性ガスに湯沸し器を点火した時の火が引火したことが原因だと言われています。

 

これは、特別な事情だったようですが、『爆弾が落ちたような……』と例えられるようなことが日常で起きてしまっているのです。

 

【愛知県内のクリーンセンターの注意喚起の展示。右上は、カセットガスボンベです。その他、すべて可燃物の袋に入っていたものです。】

 

 

写真は、弊社の許認可を受けた愛知県の自治体のクリーンセンターの入り口に注意喚起で展示されている可燃物に入っていた危険物の実物です。焼却炉の中で爆破したものもあります。

気をつけたいものです。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

【スプレー缶やカセットガスボンベの扱いに注意しましょう】

★絶対に可燃物の袋に入れてはいけません!

★穴開けは、自分ではしない。

★使い切ろうと余分な噴射をしない。指針や取り扱い指示に従いましょう。

★古いカセットガスボンベをいつまでも置いておかない。

 

▽▽▽▽▽▽

 

岡崎市のスプレー缶の処分の指針

 

◆使い切って出してください。

◆もし、中身が入って出す場合は、『中身が入っています』と表示して出してください。

 

これから判断しますと、岡崎市では、穴を空けることは勧めていませんね。

スプレー缶の出し方の指針は、自治体でも様々です。

こんな危険な物は、もっと政府、自治体がしっかりした指針、広報活動をしてほしいと思います。

また、排出する企業の皆さんが、対策を考えないといけないと思います。

 

困ったことは、何でも株式会社CGSにお任せください。緊急対応致します。名古屋市全域、豊橋市、新城市、日進市、半田市など、緊急1時間前後での到着です。

 

 

その他、プロパンガスボンベ、消火器についてもご相談ください。

 

 

 

→ 名古屋市や春日井市、豊田市のお客様からのスプレーや乾電池、カセットガスボンベの回収の関連記事もご覧ください。

 

株式会社CGSには、最近、カセットガスボンベを含めたスプレー缶の回収依頼がたくさんあります。

 

信頼と実績、安心と真心の株式会社CGSにお任せください。

 

☞ 記事・写真・画像等に関する著作権について

愛知岡崎の便利屋なんでも屋 株式会社CGS

0120-983-530

■料金、及び詳細は・・■料金一覧をご覧ください。