事例の紹介WORKS

とっておき庭木の極意「カイズカイブキ」

これは、弊社が、関心の高いお客様にはご紹介している本です。
題名は「庭師の知恵袋」 講談社 豊田英次編からの抜粋です。

 

●・・・ちょっと詳しい人になると、「庭木屋さん、九州物で頼みますよ。」と指定されるが、探すのに骨が折れる。思い込みかもしれないが、九州物のカイズカイブキは、枝が幹に巻いていくように出て、ちょっと手を入れると、入道雲のように仕上がった・・・・

 

●『葉をはさみで切るな。』・・・切るというより、もぎ取るという感じて行うのがよい。・・・・年に一回の手入れですませようというなら、・・・・

 

●カイズカイブキの“杉っ葉”・・・カイズカイブキの枝が古くなると、よく杉の葉のような、とがった形をした葉が出てくる。剪定をしたあとなどに、ことに出やすいが、心配ない・・・・

 

●カイズカイブキでもう一つ気をつけたいのは、移植の時期だ。・・・新芽が出たてのやわらかいうちに動かすと、葉が焼けてやはり赤くなる。・・・・・

愛知岡崎の便利屋なんでも屋 株式会社CGS

0120-983-530

■料金、及び詳細は・・■料金一覧をご覧ください。